美しい身体になるために「知っておく」べきこと☆

LitheLifeStudio代表・からだ美調律講座主催

Hakoです♪

f:id:karadabityouritsu:20170607082511j:plain

昨日に引き続き

美しいスタイルになるために知っておくべきこと☆

についてお話したいと思います。

昨日は、

どうして私が外国人のようなスタイルに憧れるようになり、

その憧れのスタイルを手に入れるために

どのようなことをしてきたか・・・

についてのお話でした。

今日は、

そんな努力や実験の結果

気が付いた

美しいスタイルになるために

「知っておくべきこと」

についてのお話です(^^)

外国のバレエ学校の生徒さんの姿に憧れることから始まり、

スーパーモデルのエクササイズビデオを試したり、

外国人のバレエ・ピラティスの先生にしつこくいろいろ質問したり(笑)

様々なことを試してみても

美しい身体を作る・美しく動くことの

「理屈」は分かるけれど

しっくりこないし

教えてもらったことを実践しても

同じような「体型」にならない・・・

何故なのか?

とずっと思っていましたが

ある時に・・・

「そうか!」

納得しました(@-@)

そのきっかけとは、

師匠に出会って

股関節・骨盤について詳しく学んで

目からウロコの「体感」したこと。

今まで何をやっても変わらなかったのに、

股関節から身体を緩めて整えていくことで

パンパンだった太腿の緊張がとれ

何をやっても細くならなかった脚が

すんなり細くなり

無理やり反らせて美しく見えるようにしていた腰・背中

(当時は無理やりと思っていませんでしたが)

過剰な力を入れずに、美しい姿勢が自然と保てるようになり、

目からウロコでした♡

この経験を通じて痛感したことは・・・

私は、日本人特有の身体なのに

外国人の「形」ばかり真似をしていたって

全然だめ(@-@)ということ。

「形」だけ真似しても

構造が違うのだから

「動かし方」だって当然違うのです。

動かし方が違うのだから

外国人の先生たちが教える、外国発祥のバレエには

彼らの身体の「感覚」「経験値」が活かされているわけで、

同じようには私の身体には通用しないのでした・・・

同じことをするに、

自分の身体と向き合って

構造から整える必要があったのです・・・

「形」は「結果」です。

注目すべきは、そこではなく

「構造」と「使い方」にありました。

この「構造」の違いと

その違いを「身体を緩めて整えること」で

いかに動かしやすくしていくか、の方法に

もっと早く気づいて知っていたら

全然違ったのに~!!!

これはバレエのみならず

他の外国発祥のダンスにも同じことが言えますし、

「外国人のようなスタイルに憧れる」方々にも

日常生活の動作を通じて、同じことが言えます。

あ~、もっと早く、

この重要なことについて

子供時代に知りたかった!!!

そんな私の経験を踏まえて

私のスタジオで行っているバレエワークのクラスでは

お子さま方にも解剖学の図を見せながら

身体の構造・使い方・日本人である私たちの特徴

分かりやすく説明しています♡

美しいスタイルになりたい方は

美しい人は「参考に」することにして

まずは

自分の身体と向き合い、緩めて整えることから始めましょう(^^)

☆「からだ美調律」商標登録出願中☆

ホームページはコチラ

からだ美調律

☆スタジオホームページはコチラ

 f:id:karadabityouritsu:20170505142353j:plain

**********************

 ☆お知らせ☆

「からだ美調律」セミナーや、

次期「からだ美調律」講座開催の

優先案内をご希望の方は

コチラのお問合せフォームよりご連絡くださいね(^-^)

f:id:karadabityouritsu:20170508102453p:plainf:id:karadabityouritsu:20170508102348p:plain

お知らせ

「からだ美調律」セミナーや、次期「からだ美調律」講座開催の
優先案内をご希望の方はこちらのLINE@にご登録くださいね♡

優先してセミナーやサービス情報をお届けしております♪

からだ美調律公式LINE@

スタジオのホームページはこちら