美脚になっちゃう身体調整とは?〇〇するだけ♪

LitheLifeStudio代表・からだ美調律講座主催

Hakoです♪

今日は美脚になる身体調整についてのお話です☆

美脚・・・・

憧れますよね(^^)

皆さんはどんな努力をしたことがありますか?

そもそも美脚ってどんな脚だと

皆さんは思われているでしょうか?

一般的に思われているのは、

膝がついて、真っすぐな脚♡

キレイな筋肉がついている脚♡

ですよね。

こんな感じでしょうか?

f:id:karadabityouritsu:20171102083954j:plain

キレイですよね♡

実は、この美しい脚は幼稚園児と小学1・2年生の脚☆

1人だけ大学生が混ざっています(笑)

これは、

ある日のバレエワークのレッスンの時に

皆である実験をしてから

脚を前に出して座ってみたら

皆さんの脚がとっても美しかったので、

写真を撮って「美脚コレクション」を作ったものです♡

写真を撮る前に、

ストレッチをしてひざ裏を伸ばしたり

腰を立てて座るためのストレッチをしたり

などの、

特別なストレッチは何もしていませんし、

内腿を無理に引き寄せたり

膝にギュッと力を入れたりして

無理やり閉じているのでもありません。

では、

何をしたのかというと・・・

筋肉のついている大元を「もみもみ」しただけ(^^)

「もみもみ」ですよ(笑)

強度の高いストレッチや

内腿を閉じるためのエクササイズよりも、

「もみもみ」が効果的です!!

美脚についてのお話ではありますが、

柔軟性も、

痛いストレッチをガンバってするよりも

「もみもみ」の方が効果がありました。

強度の高いストレッチをして開脚をするよりも、

「もみもみ」の方が

「ラクに」開脚も、前屈もしやすくなります(@-@)

今までのストレッチは何だったのか・・・

開脚ストレッチをして

腿の裏側を痛めたという方に

何人もお会いしていきましたが

そんな方には

「もみもみ」がおススメです☆

先ほどからずっと「もみもみ」ばかり

連発していますが、

では

どこをどのように

「もみもみ」するのか?

それは

ものすごく簡単に言うと、

腿の筋肉が付いている大元を緩めてあげるのです。

決して筋肉自体を引き伸ばすわけではありません。

えっ?どこ?

と思われると思いますが、

これは、

実際に触って確かめてみないと、

皆さんには

分かりにくい場所になります。

ブログに書かないの?

と、また思われるかもしれませんが・・・

書きません。

決してケチで書かないのではなく、

自己流で「間違って」やる可能性があることは危険だからです。

また、

太腿が今の時点でガチガチな人は

ご自分ではその部分を探しにくいということもあります。

(周りがパンパン過ぎて)

実際にレッスンで一緒にやるときは、

解剖学の図を見せて説明して

その箇所を一緒に探してあげると

幼稚園児でも分かりやすく、

小学生の子供は自分で「もみもみ」しています(^^)

ですが・・・

この「もみもみ」は

あくまで

身体調整の「ひとつ」にすぎません。

股関節・骨盤周りが緩んで整っていることも

もちろん大切です。

そんな身体調整の大切さを

「からだ美調律講座」、プライベートレッスン、セミナーなどでお伝えしています。

美脚であるということは

身体が根本から整っているということ☆

根本から身体を整える方法を知りたい方は

ぜひ次回セミナーにご参加くださいね(^^)

次回セミナーは・・・

11月末か12月初旬を検討しています☆

お楽しみに(^^)

☆「からだ美調律」商標登録出願中☆

ホームページはコチラ

からだ美調律

☆スタジオホームページはコチラ

 f:id:karadabityouritsu:20170505142353j:plain

**********************

 ☆お知らせ☆

「からだ美調律」セミナーや、

次期「からだ美調律」講座開催の

優先案内をご希望の方は

コチラのお問合せフォームよりご連絡くださいね(^-^)

f:id:karadabityouritsu:20170508102453p:plainf:id:karadabityouritsu:20170508102348p:plain

お知らせ

「からだ美調律」セミナーや、次期「からだ美調律」講座開催の
優先案内をご希望の方はこちらのLINE@にご登録くださいね♡

優先してセミナーやサービス情報をお届けしております♪

からだ美調律公式LINE@

スタジオのホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA