胸は張らない・お尻は締めない☆美しい姿勢は自然な動き♡

LitheLifeStudio代表・からだ美調律講座主催

Hakoです♪

今日は

「姿勢を良く見せるクセ」と、

本当の意味での姿勢の良さについてのお話(^^)

姿勢を良く見せようとして

何気なくやっていることはありませんか?

一番多いのは

「胸を張って」歩く

「お尻をギュッと締めて」立つ。

これ・・・

じつは本当の意味で姿勢が美しくなるためには

取り除いていくべきクセなのです(@-@)

えっ!?

と思った方も多いと思いますが、

よく考えてみてください。

「胸を張る」ということは

肩が開いていなくて、

胸も開いておらず、

骨盤後傾で猫背だから

「力技で」無理やり胸を張っているわけです。

これでは身体本来の動きが出来ないので、

上半身と下半身が連動して動けません。

だから、

胸を張って歩くと

力技で前に進むことになり、

膝や太腿にも余計な力が入ってしまいます(@-@)

美しい姿勢とは

自然と肩が開き胸が開いていて

上半身の力が抜けていることで

下半身との連動がスムーズに出来ていて

体重移動もスムーズで

股関節で歩く時の衝撃を吸収できるため

膝や太腿に余計な負担もかからず

「抜けた」状態で美しく歩くことが出来ます(^^)

胸を張って上半身にガチっと力を入れて

力技で歩いている人と、

力は抜けているのに

自然と美しい姿勢で、体重移動もスムーズな人。

どちらが歩いていて素敵か、と言ったら、

自然な動きをしている人の方ですよね♡

「胸を張る」はあくまで

「見た目」の姿勢の悪さを、

力技でカバーしているだけですね・・・・

まあ、猫背で歩くよりは良い気もしますが、

実は

この「胸を張る」が一番厄介なのは

一度クセがつくとなかなか抜けないのです(@-@)

「胸を張る」ことを辞めると、

姿勢が悪くなるような気がしてしまうので

(本当は抜けていた方がキレイなのですが・・・)

なかなか、力を抜くことが出来ないんですね。

「お尻を締める」も同じこと。

キュッとした形のお尻になりたいのでしたら

「ギュッ」と締めたら不自然&逆効果です。

試しにお尻を締めたまま歩いてみてください。

不自然で、スムーズに歩けないですよね?

むしろ

お尻は緩めてあげて、

腿の裏側ハムストリングスも緩めて、

自由に動ける身体にしてあげた方が

身体の上下の連動がスムーズに出来て

自然と美しい歩き方になり、

脚の裏側を使って歩くことができれば、

お尻は自然と上がって美しい形になっていきます。

お尻をギュッと締めてしまったら

この脚の裏側の筋肉が使えません(@-@)

「美しい姿勢」とは「自然な動き」から生まれます☆

「胸を張る」「お尻を締める」などの

「不自然」な力を入れるクセを治していくことは

なかなか大変なのですが・・・

美しい姿勢・美しい身体の目指す方は、

まずは身体を緩めて整えることから始めていきましょう(^^)

お知らせ

「からだ美調律」セミナーや、次期「からだ美調律」講座開催の
優先案内をご希望の方はこちらのLINE@にご登録くださいね♡

優先してセミナーやサービス情報をお届けしております♪

からだ美調律公式LINE@

スタジオのホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA