「変われる」を知る嬉しさ♪

LITHE LIFE STUDIOからだ美調律Ⓡ代表、Hakoです♪

昨日は、バレエのレッスンを見学させていただきました(^ー^)

先生のご好意で

見学だけでなく身体調整も指導させていただき、

生徒さん達から嬉しい感想をいただいて、

とっても嬉しかったので、

レッスンと身体調整を通じて気がついたことをシェア☆

 

見学をさせてくださったのは、

カナダナショナルバレエスクール出身で、

日本でバレエを長年教えていらっしゃるヘレン先生(^ー^)

 

ヘレン先生は「横浜バレエインテンシヴ」というセミナーを16年もの長い間、主催されてきました。

日本人のバレエを習っている生徒さん達が、海外に留学をした時に困らないように、

踊り以外にも、英会話のサポートなどもされています。

 

そんな、日本人の生徒さんと長年接してきたヘレナ先生が、私が研究している身体調整に興味を持ってくださり、レッスンを見学させてくださったのです(*^^*)

 

そして

見学だけでなく、時にはレッスンを中断して、

その動きがスムーズに出来るようにはどのようにしたらよいかご質問くださったり、

 

実際に生徒さん達に身体調整を指導させていただき、

その変化を、踊りながら確かめていただきました。

 

目の前で、身体が変化していく生徒さん達、

そして

それが踊りに活かされているのを見て、

私はもう本当に感動してしまいました(^ー^)

 

幼い頃から「踊りにくい身体」だと自分で思っていた私。

海外のバレエ学校のレッスン風景が紹介されているカレンダーを毎日眺めては…

どうして私はこのようにならないのだろう?

と思い、そこから私なりの身体研究がスタート☆

 

それから30年。

スタジオピボットに出会って股関節の重要性に気がつき、自分自身の身体で変化を「感じ」ながら、

さらにバレエと身体調整についての研究を重ねていく中で、

実際に生徒さん達が踊りに活用して、変化していくのを目の当たりに出来たことは、

私にとって本当に感動だったのです(*^^*)

 

ヘレン先生は「力で踊る」のではなくて、

「ラク」に踊れる大切さを教えていらっしゃるので、

私の伝えたいことをご理解くださるのも、とっても嬉しい♪

 

日本人は、良い意味でも、ちょっと残念な意味でも、ついつい「頑張りすぎ」( ・д・)

 

頑張ることで、なんとかしようとするから、

身体は力で「固まる」。

そして

固まって「動きにくい身体」で、

さらに頑張る!

そうすると…

「見た目」には「技」が出来ているように見えるかもしれないけれど、

その動きの本質を捉えていないし、

「力わざ」で「無理」をして「余計な力」を使っているため、脚は太くなるし、腰は痛くなるしなど怪我にも繋がる…

(あ、これ、まさに私が通ってきた道ですが(笑)

 

そうではなくて、

もっと「ラク」に、しなやかに踊れる。

そして「楽しく」踊れるということを、

私は若いダンサー達に伝えたいのです(^ー^)

 

昨日のレッスンでは、

簡単でシンプルな動きを少しするだけで、

身体の「感じ方」「動かし方」が変化することを「体感」していただきました。

 

すると

「自分の脚じゃないみたい!力がいらない!」

「両脚が力を入れずにくっつきました♪」

「腕を動かすのが軽い☆」

など、変化を喜んでくださいました♪

 

動きのバランスをとるために、

前にお腹をつきだしたり、

肩をつりあげたり、

膝や太ももに力をギュッと入れて、

身体を固めていたのが…

 

スルッと力が抜けてラクになることで

「本来のナチュラルな動き」になるのだなと、

実際に目の前で見させていただき、私も身体調整の大切さを再認識したのでした(^ー^)

 

何より嬉しかったのは、

自分が「変われる」と分かった生徒さん達の笑顔が見られたこと!

簡単なちょっとした動きで、自分が変化して、新しい感覚に出会う。

もっと美しい足先ができるんだ☆

もっとバランスがとれるんだ♪

もっとジャンプが跳べるんだ♪

など、自分の可能性に気がついていただけることが、

私にとって最大の喜び❤

 

これからも皆さんに大切なことをお伝えできるよう、

さらに私自身も進化しながら、研究、勉強に取り組んでいきます\(^^)/

 

 

 

 

 

 

お知らせ

「からだ美調律」セミナーや、次期「からだ美調律」講座開催の
優先案内をご希望の方はこちらのLINE@にご登録くださいね♡

優先してセミナーやサービス情報をお届けしております♪

からだ美調律公式LINE@

スタジオのホームページはこちら