若返った?肺活量が10%アップしていた♪生徒さんのお話☆

LITHE LIFE STUDIOからだ美調律Ⓡ代表、Hakoです♪

昨日のレッスンの時に、生徒さんから嬉しいご報告をいただいたので、皆さんにもシェア(^^)

 

朝のグループレッスン「しなやかボディエクササイズ」に約5年通ってくださっているMさん。

毎月3回のレッスンに加えて、

年に数回、プライベートレッスンも受講して身体を整えていらっしゃいます☆

 

昨日のレッスン中に「呼吸」の話になったところ、

Mさんからこんなお話が。

 

「あっ、先生、呼吸と言えば、先日健康診断に行ったときに、スゴイことが起きていたんです」

昨年から比べて肺活量が10%アップしていたんです!」

 

おおっ、アップするのは良いことですね♡

10%アップってスゴイことですよね?と聞いてみたところ、やはり医師の方も驚いていたそう。

 

「1年で10%アップするってスゴイことだから、医師から何をしたの?って聞かれたんですけど・・・」

「朝のグループレッスンはいつも通りに通っていたから、特に目新しいことをしたわけでもなく、別にエクササイズしたとか、ウォーキングもマラソンも何もしてないし。」

ということで、特別なことは何もしていないそう。

 

何が原因か考えてみたMさん。

思いついたのは・・・

 

前回のプライベートレッスンで脇を緩めたことが原因かなと思うんです♪」とMさん。

 

そういえば、前回8月にプライベートレッスンを受けてくださった時に、

お疲れでいらっしゃったので、上半身と脇を緩めたのでした♪

 

脇?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、

脇・・・緩めることがとっても大切なんですよ☆

 

脇を緩めるというと、

もしかしたら体側を伸ばすストレッチを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

 

それは、身体の側面を「伸ばして」いることになりますね。

 

前回のプライベートレッスンで行ったのは、

側面のストレッチではなくて、

脇を緩めること。

 

簡単に言うと、

肋骨周りや、

上半身(大胸筋や肩甲骨の周りにある筋肉、肩、など)を緩めました。

 

普段のレッスンで、息を「吐き切る」「吸うときに胸郭が動く」のを意識することに慣れているMさんは、

(その呼吸を意識しながらエクササイズしています)

プライベートレッスンで脇を緩めたあとに、息が吸い込める量が増えたことを敏感に感じて、その変化に驚いていたことを思い出しました。

 

おお~っ、日ごろの「身体を整える」習慣が、医師の方も驚くほどの肺活量アップにつながっている♡

 

脇を緩めることが「呼吸」にとって良いこととは分かってはいたのですが、

実際に生徒さんが健康診断で成果を得ているのを「数値」で見ることができたことで、

改めて、上半身を緩める大切さを実感☆

 

突然「若返った?」と思いきや(笑)

脇が緩んで動きやすくなったことで、呼吸がしやすくなっていたのでした♪

 

そもそも、なぜ呼吸の話になったかと言うと・・・

 

先日参加させていただいた出版合宿で、

「肺」と「呼吸」に関するお話をされていた医師の方がいらっしゃり、

その方のお話をレッスン中に思い出して、

 

「そうそう、やっぱり吐けないと吸えないし、上半身を動かすことも大切と、その医師の方がおっしゃっていたの。私たちがレッスンで取り入れていることってやっぱり美と健康に良いね~」

とお話をしていて、Mさんからの上記のご報告に繋がったのでした。

 

ちなみにMさんは、お勤めしているお子さんがいらっしゃる年齢。(想像してください、笑)

どんなライフステージにいる女性でも、

身体を緩めて整えることで、健康で美しい身体を自分でメンテナンスしていただける、

そんな簡単な調整方法をこれからも皆さんに伝授していきたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

「からだ美調律」セミナーや、次期「からだ美調律」講座開催の
優先案内をご希望の方はこちらのLINE@にご登録くださいね♡

優先してセミナーやサービス情報をお届けしております♪

からだ美調律公式LINE@

スタジオのホームページはこちら