あぐらで座りにくい理由は〇〇にある?意外な理由☆

LITHE LIFE STUDIOからだ美調律®代表、Hakoです♪

今日は「あぐら」についてのお話☆

実はあぐらで座りにくい方って多いんですよね。

でも、

ヨガとかストレッチのクラスでは、あぐらで座って行うものも多いですよね。

例えば、

あぐらで座って深い呼吸をしましょう。

とか

あぐらで座って横にストレッチしましょうとか。

 

となると・・・

そもそもあぐらで座りにくいわけなので、

 

何とか後ろに転がらないように(笑)力を入れて座る、

という時点で身体に余計な力が入ってしまっているので

深い呼吸とかストレッチをするどころではない(笑)

という事態になるわけです。

 

実際に私のスタジオにいらっしゃるお客様の中にも、

あぐらで座りにくいという方はいらっしゃいます(^^)

 

でも、皆さん身体を緩めて調えることで座りやすくなってビックリされています♪

ある部分を緩めるといきなり座りやすくなる人や、

固い方は時間をかけて(それこそ1年とか長い単位で)だんだん座りやすくなってくる方もいらっしゃいます。

(あくまで身体を緩めた結果であって、あぐらで座る練習をするわけではありません)

 

実は昨日のレッスンでも、いろいろと発見があったのです。

以前はあぐらで座りにくく、

膝があがってしまい、腰が後ろに倒れて、後ろにひっくり返りそうな感じだった方が、

骨盤を立てて座り、膝も以前より自然と開けていました。

 

そこで、

もっと座りやすくするにはどうしたらいいのか?

という実験を皆さんでしてみました(笑)

 

まず、

これは皆さんも想像しやすいと思うのですが、

股関節周りを緩めて調えると、あぐらで座りやすくなります。

 

では次、

骨盤底筋を緩めると、座骨の間が広がって、安定して座りやすくなります。

 

さらに・・・

「足首」を緩めるとあぐらで座りやすくなります。

ん?足首?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

これ、意外と皆さんご自分で気が付いていらっしゃらないのですが、

足首が固くてもあぐらで座りにくいのです。

 

足首が固いと、脚を組んだときに、足首が曲がっているので、膝が上がってしまうんですよね(@-@)

足首を緩めてから座ってみると、

あ「あ、先生、座りやすくなっています!」と驚かれることが多々あります(^^)

 

というわけで、

あぐらで座りにくい方は、足首が固くないかな?ということもチェックしてみてください☆

もっと詳しく知りたい♪という方は、

実際の緩め方や詳しいお話は、オンラインサロン内の動画で紹介していますので、

ぜひオンラインサロンにもご登録くださいね(^^)

(無料でご登録いただけます☆一部動画などは有料会員のみご覧いただけます)

 

ではでは、

素敵な週末をお過ごしください。

 

Hako

 

お知らせ

スタジオのホームページはこちら

Youtubeチャンネル登録・Instagramのフォローをよろしくお願いいたします♪

Follow Me