溝口 葉子 YOKO MIZOGUCHI

1980年静岡県生まれ。

7歳の時にバレエと出会う。
学習院大学卒業後、法律事務所に勤務するが、「身体の動き」に関する分野で本格的に学ぶことを決意し、退職。

幼い頃から身体に深く興味を持っていたことから、バレエ以外にも、ヨガ・ピラティスのインストラクター資格を取得。

その後、結婚を機に移住した埼玉県で自身主宰でのスタジオレッスンを始める。

身体の研究を続ける中でスタジオピボットの「からだで感じる解剖学」との運命的な出会いにより、長年の身体に対する疑問に対する答えが見つかる。
その答えと長年の経験・自身のメソッドを融合させ、オリジナルの身体調整メソッド『からだ美調律』を誕生させる。

「からだ美調律」をベースとした、オリジナルのプライベートレッスンが人気となり、一般の身体調整のお客様の他、バレエ・フラ・ヒップホップなど幅広いジャンルのダンサーの身体調整、ビューティーコンテスト出場者のボディメイキングなども担当。

特にダンサーやアーティストの身体のトラブルを、対処法ではなく、身体機能から原因解析、改善案を提案することに定評がある。

現在、グループレッスン、プライベートレッスンに加え、セミナー、講座、企業からの執筆依頼、動画提供など、幅広く活躍している。