パンプスと腰痛と私☆腰痛とさようなら♪

LitheLifeStudio代表・からだ美調律Ⓡ講座主催

美調律プロデューサーHakoです♪

今日は、パンプスと腰痛と私・・・の関係についてのお話(^^)

なぜかというと、

この2日間で気が付いたことがあったから☆

 

実は、私、以前は腰痛に悩まされていて、

長時間立っていることが本当につらくて・・・

 

パンプスを履いて長時間出かけたら、

腰痛がさらに増すので、

「椅子はどこ?」とすぐに座るところを探す習性が(笑)ありました。

 

電車とか、遊園地の乗り物待ちの列とか、

同じ姿勢で立っていないといけない時は、特に、とにかく座りたい(@-@)

 

そんな私でしたが

 

昨日、一昨日、連続で、

朝からパンプスで出かけて、夜家に帰るという、

長時間パンプスを履いてのお出かけを2日間連続でしたのに、

 

そういえば・・・

全然腰痛になっていない(^^)ということに気が付きました。

 

以前だったら、

電車に乗った瞬間に、

「椅子、椅子~っ」と探していましたが(笑)、

それもありませんでした♪

立っていても、全然平気☆

 

パンプスを履いても腰痛にならない快適さを

改めて自分の身体で体感した私でした(^^)

 

そして、

その腰痛がなくなったことで、

いかに以前は「力」でパンプスを履いていたのかを痛感しました。

 

見た目では、

膝は伸びているし、大股で颯爽と歩いている(ように見える)し、

姿勢はピンと伸びている(力技で)し、

一見「キレイな歩き方」と思われがちな以前の私。

 

歩き方が美しくて、遠くから来てもすぐわかる、と言っていただくこともありました。

 

が。。。

 

その歩き方は、実は「力業の集大成」(笑)。

 

背中・腰を反らせて姿勢を保ち、

膝に力を入れて、地面からの衝撃を跳ね返す・・・

後ろ足で地面を力で蹴って大股で前に進む。

 

それが私の歩き方でした。

 

確かに、これでは遠くから来ても分かるかも…

「美しい自然な歩き方」ではなくて、

「威嚇的」な歩き方ですね(笑)

 

と、今なら気がつくけれど

 

当時はそんなことに全然気づかず、

「見た目のキレイさ」に惑わされていたのですね。

 

いかに、膝や腰に負担をかけていたか…

それは腰痛になっても仕方なかったなと思います。

 

いまは、

身体を緩めて整えて、股関節や足首が「自然と」使えるようになってきたことで、

姿勢も歩き方も変化したので、

「力」で歩くクセが少しづつとれていき・・・

ふだんから腰痛がなくなっていはいたのですが、

 

パンプスを履いて長時間、しかも二日連続で出かけても、

全然腰痛にならなかったことには、自分自身、改めて驚きました(^^)

 

見た目の歩き方も「威嚇的」な歩き方(笑)から、

「軽やかな歩き方」に変化しているのでは、と思います♪

 

昔の私のように「ガンバって」姿勢よく大股で美しく(見えるように)歩くクセがある方で、

一見綺麗に歩いているように見えるけれど、

腰痛に悩まされている・・・という方は、

今日のこの私のお話をご参考にしていただけたら嬉しいです(^^)

 

「見た目」の美しさに囚われるのではなく、

「機能的に動ける身体」になることで、

結果的に自然と美しい姿勢・歩き方になっていく大切さ

これからも皆さんにお伝えしていきたいと思います(^^)

 

お知らせ

「からだ美調律」セミナーや、次期「からだ美調律」講座開催の
優先案内をご希望の方はこちらのLINE@にご登録くださいね♡

優先してセミナーやサービス情報をお届けしております♪

からだ美調律公式LINE@

スタジオのホームページはこちら