ウォーキングレッスンの謎☆

LITHE LIFE STUDIOからだ美調律Ⓡ代表、Hakoです♪

今日はウォーキングについてのお話。

というのも、

テレビであるモデルウォーキングレッスンの様子が映し出されて、

ついつい見入ってしまい・・・

20年前の疑問が、今になって、なるほど(@-@)と、腑に落ちたからです。

こちらは、「力が抜けるって、どうしたら?」と疑問に思っていたころの写真達。

約20年前・・・もうそんなにもなるとは、時が経つの早いですね(笑)、

ヘアーショーで髪の毛を短く切って、ショートだったことを思い出しました。

懐かしい。。。若い(笑)

 

そのころ、私は様々なレッスンを受けていました。

 

ウォーキング、ボディメイキング、メイク、インナービューティーなどを同時に学び、

また、

撮影、ショーへの参加なども度々していました。

 

テレビを見ていて映し出された光景を見て、

この、20年前の自分が思い出されたのです。

 

当時、ウォーキングレッスンをしていた時の謎。

どうして私はしなやかに歩けないのか?

 

ウォーキングレッスンなので、テクニックは教えてくださいました。

歩き方もそうですが、ポージング、ジャケットの脱ぎ方や着方、なども指導いただき、

もちろんハイヒールで、音楽をかけて歩く練習もしました。

 

そして、いつもいつも先生に言われていたこと。

「バレエっぽい!」

「力を抜いて!」

 

そう言われても、

どう力が入っているのかも分からず、

逆に、力を抜いたら姿勢がダラっとなってしまうのでは?

と疑問に思ったり。

 

また、

他の人がナチュラルにしなやかに歩いているのを見て、何故なんだろう?と不思議に思ったり。

 

ストレッチもエクササイズも得意で、運動という意味では他の人よりもカラダも動くのに(と思っていた)、

なぜ力が抜けたスッとしたなかにも凛とした姿勢で歩けないのか?

体幹だってあるのに。。。

と謎は深まるばかりでした。

 

バレエを踊っていたこともあって、

ボディメイキングは得意で、

腹筋も背筋も、他の人よりは得意。

なのに何故?

 

腰から歩くってなに?

腰から歩こうとはしているし、力も抜こうとはしているけれど、

なんだかしなやかに歩けない。。。

 

結局当時はその疑問は解けないままでした。

 

が、今なら分かります。

当時の私に言ってあげたい(@-@)

まずは、股関節を緩めて動きやすいカラダにしていくことが大切だよ。

見た目に囚われているうちは、力技が抜けないよ。

太腿がガチガチ、ふくらはぎもカチカチなのは、自分自身で作り出しているからだよと。

 

当時は「技術」「努力」「頑張る」ことが大切だと思っていました。

そういえば、少しでも脚を細く見せたくて、毎日着圧タイプの靴下を履いて寝ていたな。

でも、むくみが気になるのは、股関節からカラダが使えていなかったから。

当時は全く気が付いていませんでした。

 

あ~そんなことがあったなと、思い出しながら、

テレビを見ていた昨夜でした。

 

皆さんも、

もしかしたら、

「何故美しく歩けないのかな?」と、

「歩き方」のhow toにこだわってみたことがある方も多いかもしれませんね。

 

力の抜けた自然で美しい姿勢、歩き方になるためには、

まずカラダを緩めて整えることが大切ですね。

 

「美しいカラダ、歩き方」になりたい方は、

ぜひ、動きやすい機能的なカラダ作りをしていきましょう♪

 

 

 

お知らせ

「からだ美調律」セミナーや、次期「からだ美調律」講座開催の
優先案内をご希望の方はこちらのLINE@にご登録くださいね♡

優先してセミナーやサービス情報をお届けしております♪

からだ美調律公式LINE@

スタジオのホームページはこちら